「ゼロの日常」ネタバレ 第2話(5月16日発売25号)安室透のティータイム

2018年5月29日

週刊少年サンデー24号からスタートした、名探偵コナン公式スピンオフ連載、安室透の日常を描く「ゼロの日常(ティータイム)」!

第一話が大好評で、書店・コンビニでも品切れ続出!!

今回の安室透は料理の腕が光る!料理する姿もかっこよすぎる^^

それでは「ゼロの日常(ティータイム)」の第2回をネタバレします!

【この記事にはネタバレ情報が含まれていますので、ご注意ください!】

スポンサーリンク

ベルモットとのフレンチを堪能する「バーボン」

ベルモットと一緒にいることの多い「バーボン」。

今日も、東京タワー?が見える超高層レストランでフレンチのフルコース。

といっても、バーボンの表情は浮かれない。

それに対して、「あまり食事を楽しんでいるように見えなかった」とベルモット。

バーボンはそれに対して答えます。

ビジネスの話をしながらでも、素晴らしい食事を楽しめる度量が・・・

僕にあれば良かったのですが・・・

でも、実は料理を楽しめなかった理由が、自宅に戻った「安室透」の表情から読み解くことができる!?

スポンサーリンク

フランベする炎を険しい表情で見つめる「バーボン」

デザートは、コアントローというお酒でフランベして仕上げる一品。

オレンジの香りとまろやかな甘さを特徴として持つ、アルコール度数約40度の「コアントロー」でフランベしたデザート、とっても美味しそうです!

フランベという調理方法

フランベとは、アルコール度数の高いお酒をフライパンの中に入れて、そこで一気にアルコールを飛ばして香り付けをする調理方法のことです。

 

このフランベに対して、ベルモットは黒の組織を連想します。

痕跡は残さず・・・

しかし、関わったもの全てに芳醇な酒の香りをまとわせる・・・

ベルモットは黒の組織に対して敬意を払っている感じがします。

自分の仕事が芳醇な香りがするようなものだというイメージ。まさにベルモットのセクシーさを連想させます。

スポンサーリンク

日本を愛する「安室透」の食事

フレンチのフランベに触発されたのか、自宅での料理にも和食でフランベに挑戦しようとする安室透。

その表情は、フレンチフルコースを目の前にしていた時とは全然違う、穏やかで幸せで楽しそうな表情。

そう!安室透は和食が好きなのです!

和食男子^^

試してみるか・・・

日本の酒、日本の素材で・・・

フランベ!

アルコール度数20度の名水百選の日本酒を手に、ブリの照り焼き?のフランベから!

にしても、自宅でフランベの炎をあげたら火災報知器なるんじゃ・・・とか思う庶民な私^^;

冷蔵庫の作り置きの出汁でお味噌汁を作り、そこから猛烈な料理パフォーマンスが!!

っていうか、途中から「日本の食材」から離れていっているような・・・。

オリーブやアボカドを使ったバケットサンドイッチまで登場^^

どれだけ食べるんだー!と思っていたら、最後に次号に繋がる伏線がありましたね!

スポンサーリンク

調味料・調理器具にもこだわる安室透

・日本酒は名水百選
・フライパンは鉄のフライパン?

料理一つとってもこだわりの男!安室透。

フライパンは、ふきんで取っ手部分を包んでいるので、きっと鉄のフライパンだと思う。

そして、ちょっと形状からしてこれかなぁ?

いや、もっと高級志向な気もするけど、「日本」ってことでこのシリーズかなと。

ちなみに、我が家も鉄のフライパンです!

鉄のフライパンだとオムレツが本当に美味しいんですよね♪

日本の礼節を重んじる「安室透」

安室さんは、日常でも箸置きを使ってちゃんと並べて「いただきます」から食事をスタート。

もうこれだけで百点満点!

我が子がそうしてたら、もう涙ものです。

こういった一コマ一コマから、安室透の日本愛が伝わってくる気がします。

ハーフの安室さんですが、日本の礼節・礼儀をとても大事にしていて、見習わなければですね!!

「ゼロの日常」新連載第一回でも「和室」が登場しているなど、ちょっとしたこだわりが見受けられます。

タイトルの「It’s a piece of cake」の意味とは

直訳すると、「それは一切れのケーキです」となります。

これが、意訳すると「簡単なこと、楽しいこと」という意味になります。

ベルモットも「楽勝よ」といっているように、熟語として使われる代表的なもの。

学生さんにはぜひマスターしておいてほしい一文です(笑)

タイトルに込められたのは、安室透に任せればなんでも簡単!ということでしょうか。

 

第3回は「風見と公安の仕事に就く安室の日常」

第一回がポアロの「安室透」としての日常(ティータイム)、
第二回が黒の組織の「バーボン」としての日常(ティータイム)、
第三回が公安の「降谷零」としての日常(ティータイム)ということになりそうですね!

っていうか、この食事、朝食だったの!?というのが、最後のページでわかります(笑)

そういえば・・・お昼ご飯にポアロで榎本梓にパスタを勧められていた時に、「朝ごはん食べ過ぎて」っていってましたけど、、、毎日こんな感じで料理を楽しんじゃったら・・・

そりゃお昼ご飯食べられない気が・・・。

こんなところにも伏線があったとは!

さすが名探偵コナンですね♪

 

←前の話次の話→