「ゼロの日常」ネタバレ 第1話(新連載)安室透のティータイム

2018年5月29日

とうとう安室透、公式スピンオフ新連載「ゼロの日常(ティータイム)」が週刊少年サンデー24号(2018年5月9日発売)よりスタート!!

この「ゼロの日常」で新たな安室透情報がGETできました!

一足お先にネタバレで情報をお伝えします♪


(出典:twitter.com)

※この記事にはネタバレ情報が含まれていますので、ご注意ください!※

スポンサーリンク

「ゼロの日常」ネタバレ情報

安室透の日常生活!ヤカンやガスコンロに親近感

安室透の朝は、シャワーからの抹茶タイムで始まる様です!

中の人
中の人

電気ケトルじゃなくて、「ピー」と沸騰時に音がなるヤカンタイプですね

IHじゃなくてガスコンロなのは意外かも?
勝手に、IHコンロを想像していたけれど、やっぱり料理上手は火力が調節できるガスコンロというところでしょうか。

安室透が住んでいるのは「MAISON MOKUBA(メゾンもくば)」。

中の人
友人

安室さんがアパート住まいなのは、ちょっと意外かも?!

喫茶ポアロの安室透の仕事ぶりがやばい

なんと喫茶ポアロへの出勤時刻は早朝AM6:07!早起きすぎます!!

腕まくりをして観葉植物に霧吹きでお水を丁寧に。
加湿器をセットして、店内に潤いを。
消えそうな蛍光灯を取り替えて、スマホで今日の気温をチェック。
その日の気温によって、水出しコーヒーの量を調整するという気配り具合。

常連のお客様が座る椅子の調子をみて、椅子の修理まで。

そうする頃に梓が出勤。

早いですね 安室さん!

の言葉に、

僕も今来たところですよ!

なんて、にくいセリフ!!

こんな出来るアルバイトがいたら、そりゃ繁盛しますー!

スポンサーリンク

喫茶ポアロでも切れ者具合が見える安室透

常連の鶴山のおばあちゃんがいつもより遅い時間に来店。

コーヒー大好きなおばあちゃんが今日はお冷でいいという点に対して、安室さんが準備したのは「白湯(さゆ)」。

そう、病院の帰りを推測して、白湯を用意するなんて素敵な配慮!!

安室透の三足の草鞋(わらじ)とは

梓さんが、安室さんに

大変じゃないですか?

ポアロのバイトに、毛利先生の弟子、そして本業の探偵業・・・

二足の草鞋ならぬ三足の草鞋を履いてるわけですよね・・・

と問いかけると

全部勉強ですから・・・

一つの目標に向かうための・・・

と答える安室透。

スポンサーリンク

夜の顔の安室透|RX-7で走り出す先は・・・

夜、自室にて丁寧に拳銃の手入れをする安室透。

なんと、安室さんの寝室は和室!
しかも布団のそばにはアコースティックギターが。

うーん。意外性がすごい!!

そんな安室さんが見つめる先にあるのは、

・赤井秀一
・宮野志保
・コナン
の三人それぞれの写真が・・・。

何を思うのでしょうか。

愛車「RX-7」に乗り込み、夜の街へと颯爽と消えていく安室透。

「ゼロの日常」作者:新井隆広氏の紹介

新井 隆広(あらい たかひろ)さん(1982年生まれ)。

今回の安室透公式スピンオフ漫画「ゼロの日常」を担当することに!

スピンオフ連載が決定した時にこんなコメントをされていました。

青山剛昌先生に憧れてサンデーの門をたたきました。

赤井派、安室派、どちらかと問われれば食い気味に「安室さん!!」と答える私が、
(でもどちらかを選ぶなんて・・・)
(赤井さんもめちゃ好き!赤井三兄妹が特に世良ちゃんが!!)

長年こじらせてきたコナン愛・・・そして青山先生愛をこのスピンオフに全力でぶつけます!!

新井隆広

そんな新井先生は、実は2006年「週刊少年サンデー」36・37合併号より『ダレン・シャン』の連載を開始したことでも話題に。

中の人
中の人

ダレン・シャン大好きで原作読んでました♪

ダレン・シャンの世界観を見事な情景で描いた新井隆広先生が、これまた青山剛昌先生完全監修で描く「ゼロの日常」。

もう最高ですよね!

これから紡ぎ出されていく新井先生の安室透から目が話せません!!

「ゼロの日常」TIME.1ネタバレまとめ

今回は新連載第一回目ということもあり、安室さんの1日を垣間見ることができる感じになってましたね!!

公式スピンオフ企画ということで、どんなストーリーになるのかドキドキしてました♪

それにしても、、安室さんって寝室は畳なんだ!というところが何気に衝撃的(笑)

勝手に超高級マンションなんじゃ、とか想像していたけど、普通のアパートというところに親近感。

でも普通のアパートに「RX-7」あったら気になるよなーと思っていたら、なんだか駐車場は別のところのような描き方がされていたから、別契約なのかも?
そりゃ、きっと気を遣っているはず!

「ゼロの日常」へのツイート

次の話→