コナン【ネタバレ最新】サンデー1010話

2018年5月9日

名探偵コナンの最新話がわかる!週刊少年サンデーのネタバレです♪

突如倒れたバニーガール事件の真実に迫る、コナンと安室透。そして安室透の脳裏に過ぎる謎めいた女性の存在とは!?

では、今回も張り切ってネタバレしていきましょう^^

スポンサーリンク

前話のあらすじ

脅迫状を受け取った資産家・諸岡からの依頼で、小五郎とともに「黒ウサギ亭」というバニーガールのクラブにやって来たコナンと安室たち。
脅迫状は「黒ウサギ亭に近づくな」という警告文。
警戒しつつもお店の様子を伺っていたのだが、諸岡ではなくバニーガールの有里が突然倒れた!?

コナン最新1010話のネタバレ

バニーガールの「朝倉有里(あさくらゆり)」25歳が突然倒れ込んだところへ、依頼主である「諸岡郡蔵(もろおかぐんぞう)」50歳は大慌て。

執事の「深町惇史(ふかまちあつふみ)」72歳がフルーツで食中毒になったのでは?と投げかけ。

バニーガールが倒れた原因は毒物

有里が倒れたのは食中毒ではなく、ヒ素が原因だった。

警察が集まる中、改めて脅迫状を見せる諸岡氏。

諸岡氏は、「有里ちゃんは私の身代わりになって・・・」と嘆くが、
コナンは、有里のグラスと諸岡氏のグラスの形状が全く違うことを指摘。

そこへ、安室透が容疑者を3人に絞る

安室透が推測する容疑者3人

<一人目>「諸岡郡蔵(もろおかぐんぞう)」50歳

<二人目>「深町惇史(ふかまちあつふみ)」72歳

<三人目>「村上紗菜(むらかみさな)」28歳

グラスを持った有里とすれ違った諸岡氏、スマホの警報音に驚きテーブルにグラスを置いた時に近くに座っていた深町氏、そして有里にワインをこぼして席を立たせるきっかけを作った紗菜の3人となる。

伏線!?明らかになる事実

事件解明の伏線になるかもしれないポイントをまとめます!

・諸岡氏は玉子焼きにソースをかけており、有里もソースをかけるようになった

・諸岡氏の妻は半年前に病気で亡くなっている

・深町氏はかなり視力が悪い

・諸岡氏は隣の洋服店を贔屓にしている

・クラブNo.1の紗菜は、最近の有里の追い上げに焦っていた

・諸岡氏の体型の変化(激やせや激太り)と怪我、段差につまづく事実

この中に真実につながる伏線はあるのでしょうか!?

うーん。
諸岡氏の体型の変化がちょっと気になりますよね。

段差につまづくとか、足が上がらなくなってるってことだし。

そして、、諸岡氏と有里の年齢差や、呼び捨てで呼ぶところをみると、実は親子だった!とか考えられたり??

次回が気になります!!

安室透の回想シーンと謎の女性

「怪我」というワードを聞いて、突然安室透の様子が一変。

”バイバイだね・・・ 零君(れいくん)”

なぜ今なのか!?
この安室透の頭を過ぎる謎めいた女性は誰なのか!?

<次号!真実に迫る!>

週刊少年サンデーで今すぐ1010話をチェック!

私は電子書籍で「少年サンデー」をチェックしています♪

やっぱり発売してすぐに読めるのが良いですよね^^

→ 週刊「少年サンデー」を見てみる
楽天 | Amazon

前号のネタバレ | 次号のネタバレをチェック→