コナン登場人物|灰原哀の名前由来・性格・声優まとめ

キャラクター人気投票で1位を獲得したこともある灰原哀!

登場当初は、冷たい印象の多かった灰原哀ですが、今ではいろんな表情を見せてくれている「哀ちゃん!」

そんな灰原哀についてご紹介していきます!!

「灰原哀」名前の由来と読み方

灰原哀は名探偵コナンに登場する人気キャラの一人です。名前の漢字は少し変わっていますが、読み方はそのままで「ハイバラアイ」と読みます。灰原は珍しい苗字ですが、実際にいらっしゃる名前です。

彼女の名前は偽名であり、命名者はアガサ博士で「コーデリア・グレイ」と「V・I・ウォーショースキー」の組み合わせによって生まれました。物語的にはその二人の名前が由来ですが、コナンの作者によると更に「アイリーン・アドラー」から発想を得たと対談で話していました。

中の人
中の人

コナンの影響で「シャーロック・ホームズ」全巻読みました♪

「アイリーン・アドラー」と言えば、アーサー・コナン・ドイル原作の推理小説「シャーロック・ホームズ」の主人公ホームズがずっと恋い焦がれていた女性!

「ベイカー街の亡霊」でも実は登場していた!?(と言っても姿は工藤ママだけどw)

スポンサーリンク

「灰原哀」の性格・特徴


灰原哀の性格ですが、登場して間もない頃は非常にミステリアスなタイプでした。そもそも初期は純粋な味方ではなくスパイのような雰囲気があり、冷徹で無感情な一面も強かったです。加えて皮肉屋で、黒の組織の影に怯える弱い部分の特徴が目立ちました。

その後、コナンや少年探偵団と触れ合うにつれて態度は柔らかくなっていき、最近では活発で明るい一面が前面に出てきました!
サッカー選手に夢中になったり、元々好きだったファッション雑誌やブランド品に興味津々で、髪型はそのままですがアニメ等では色味が少し明るく変わりました。

サッカー選手の回では、魂の抜けたレアな灰原哀を見ることができましたよね!

彼女の特技は理科系の研究者らしくパソコンであり、コナンの相棒として情報収集を最近ではよく任されています。

スポンサーリンク

「灰原哀」の声優


(出典:林原めぐみ公式LINE BLOG)

林原めぐみ(はやしばらめぐみ)さん(1967年生まれ)です。

数々のアニメで主役やヒロインを担当して来たベテラン声優さんです。
今現在では名探偵コナンの知名度のおかげで灰原哀が主演作となっていますが、他にもポケットモンスターのムサシ、ハローキティのキティちゃん、スレイヤーズのリナ・インバースや新世紀エヴァンゲリオンの綾波レイなど、いずれも超人気キャラクターを軒並み担当しています。

可愛い少女の声から男勝りなお転婆の女性、そして時には少年らしい声まで、林原めぐみさんの声優の演技力は別格です。

「灰原哀」の重要な登場回


灰原哀の登場回は意外と早く原作コミックだと18巻、アニメの話数だと129話です。
内容は基本的に同じなので、どちらかをチェックすればOKです。

初期の灰原らしい雰囲気が楽しめるアニメ279話と280話は見逃せません。視聴率が物凄く良かった「青の古城探索事件」は超オススメです。コナンではなく灰原哀が主人公級の活躍を魅せ、内容も映画の様な作りで満足度は高いです。

ストーリーが動く長編としてはアニメ345話、425話、492話から504話をチェックしておきましょう。硬派な長編ですが、黒の組織と関連した物語であり、シリアスな彼女の様子が見られます。

「灰原哀」に関するツイート

名探偵コナンに関する話題はツイッターの方でもよく呟かれています。

灰原哀はネット上でも大人気です。
男性ファンから女性ファンまでまんべんなく愛されています。

アニメが放送されると「哀ちゃん可愛い」や「早くコナンと結婚しろ」等といった面白いコメントがよくツイートされます。

最近ではヒロイン要素が薄くなり、相棒ポジションになっていますが、原作ファンやアニメスタッフ、そして声優の林原めぐみさんたちはコナンとの恋を応援しており、鈍感なコナンの態度につっこむようなコメントがよく流れます。